HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
伊勢神宮の中心となるべき「伊雑宮」。
なぜ、消されたのかを膨大な資料から解き明かす。
地の暦
伊勢三宮説と寛文事件の真相究明と考証
南正昭
(みなみまさあき)


書籍を購入
 定価
1,430円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
232
 発刊日
2020/11/15
 ISBN
978-4-286-22050-5
 ジャンル
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)
伊勢神宮の中心は、内宮・外宮ではなかった!? 『日本書紀』に明確に記されているにも拘わらず、歴史の表舞台からから外された「伊雑宮」。江戸期に入り、その正当性を明らかな事実を証明しようとした「寛文事件」も起きるが、悉く否定され敗訴。それはなぜか? 著者による独自の論法を用い、その論拠を膨大な資料を駆使し時系列に検証・考証しつつ、「伊勢三宮説」の真相に迫る。

※この情報は、2020年11月時点のものです。

 マスコミ情報
  2020年11月14日  「産経新聞」で紹介されました。
書籍を購入