刑事が法に背く時

酒井孝正 (さかいたかまさ)

老人の失踪は息子による安楽死? 刑事が見た現実は……。
社会派サスペンス長編小説!

有名登山家の父親が不自然な形で姿を消した。真相を追う刑事は、雪山で偶然、容疑者の登山家とともに人命救助に奔走することになる。登山家は本当に父を殺したのか、だとしたらそれは安楽死と埋葬なのか、殺人と死体遺棄なのか──? 迫真の雪山登山と救助シーンも読みどころ。捜査サスペンスでもあり、生命の尊厳を問う社会派小説でもある、読み応えある一冊。

定価:1,650円 (本体 1,500円)

判型:四六並

ページ数:348

発刊日:2021/01/15

ISBN:978-4-286-22233-2

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > サスペンス

著者プロフィール

1949年生まれ。
栃木県出身。
アメリカ合衆国カリフォルニア州立大学ソノーマ校卒業。
東京都在住。

※この情報は、2021年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP