俳句時々晴れ

高月晴子 (たかつきせいこ)

絶滅寸前の季語を使って百句の作句。
はたして、無事にできるのか? 俳句と自解の本。

星の歌滅びに瀕す季語に逢ふ──俳句は面白い。しかし難しい。俳句の基本は季語を知ることであるが、確立が古い時代ゆえに、到底現代の生活からは想像すらできない季語もあったりする。そんな絶滅寸前の季語を使って百句作ったのが、この本である。凡人でもコツコツ作って、偶さかに秀句を生む。それが俳句の面白さである。それがわかっていただけたら、こんなにうれしいことはない。

定価:660円 (本体 600円)

判型:A6並

ページ数:148

発刊日:2021/04/15

ISBN:978-4-286-22411-4

ジャンル:詩集・俳句・短歌 > 俳句・短歌 > 俳句

著者プロフィール

1957年生まれ。
東京都在住。
都立高校の教員を早期退職した後、産休代替講師を務め、現在はYSWとして非常勤の勤務をしている。
2018年に『晴れ晴れ百句』(文芸社)を出版した。

※この情報は、2021年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP