海辺の中也

神室一男 (かむろかずお)

数式も数字も言葉である。
無機質な数字の羅列の中の、無限のロマンを感じさせる小説。

人類のたゆまぬ研究によって、宇宙の真理を解く発見が、次々と発表されている。それにより宇宙論も飛躍的な進歩を遂げている。しかし一つ謎が解けると、それが新たなる謎を呼ぶ。その果てなき探求が僕を引き付けてやまないのだ──。数式も数字も言葉である。無機質な数字の羅列のなかに込められた、無限のロマンを感じ取っていただきたい。真理の大海の海辺で遊ぶ少年の様に──。

定価:550円 (本体 500円)

判型:A6並

ページ数:60

発刊日:2021/05/15

ISBN:978-4-286-22412-1

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1959年、秋田県生まれ。秋田大学卒業。
ベンチャー企業(研究開発)勤務、学習塾講師etc. 2020年、毎日新聞社「みちのく文園」短歌の部「年間準大賞」。
秋田県在住。

※この情報は、2021年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP