劣等人間

小泉ゆうこ (こいずみゆうこ)

発達障害をかかえた著者が、
自分自身ときちんと向き合い、過去の自分を見つめ直す小説。

私は幼い頃から「変わった子」だと、周りの大人に言われてきた。ひらがなが書けなかった。『わ』と『れ』と『ね』の区別がつかなかった。発達障害や学習障害が、テレビや雑誌などで取り上げられるようになる前の話だ。そんな“私”が、自分自身と向き合い、過去の自分を見つめ直す小説。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:160

発刊日:2021/04/15

ISBN:978-4-286-22503-6

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1963年、静岡県生まれ。
主任ケアマネージャー・介護福祉士。
2012年、静岡県伊東市に、家庭的な介護を目指して、小規模のデイサービスを立上げる。
介護の現場で奮闘する日々を送っている。
自身の発達障害・父親の酒乱・母親の精神疾患を題材に、虐待やイジメの経験から学び得た人生観を執筆する。

※この情報は、2021年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP