好きだった季節

三浦有里 (みうらゆり)

人の心には、過去の記憶と現在の思い、
未来への願いが詰まっていることがわかる詩集。

こんな時代だからこそ、どのような時も希望があり、良い道が与えられることを信じていきたい……。人の心には、過去の記憶と現在の思い、そして未来への願いが詰まっていることが実感できる詩集。表題作の『好きだった季節』をはじめ、著者の生きてきた証となる56編の詩に、著者の同級生で朔日会展でクサカベ賞を受賞、会友の齊藤純さんのイラストが彩りをそえる。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六上

ページ数:84

発刊日:2021/05/15

ISBN:978-4-286-22557-9

ジャンル:詩集・俳句・短歌 > 詩集 > 自己

著者プロフィール

1967年9月宮城県石巻市生まれ、5歳より仙台育ち。
宮城学院中学校・高等学校、郡山女子大学短期大学部文化学科卒業。
宮城県庁・財団法人艮陵医学振興会勤務はじめ事務職を経て、現在は介護職に従事。
1996年に結婚後、青森市、石巻市に住み、2002年以来仙台在住。
趣味は読書、旅行、絵手紙、投稿。

※この情報は、2021年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP