「韓国国定歴史教科書」を読んでみた

芦中順文 (あしなかよしふみ)

韓国の中学校で使われていた国定歴史教科書を紐解き
国家と民族間の問題を提起する。

歴史問題は、日本も筆者も、過去をいつまでも自慢したり恥じたりしているわけにはいかない。何故か? 人生は、或いは国家は、今日で終わることができないからです。(中略)そのために、先ずは過去を学んで謙虚に己の糧とする信念を持ち続けることであり、歴史を学ぶ要諦はこれに尽きるでしょう。(「歴史教科書から見えてきた韓国の人たち」より)

定価:1,760円 (本体 1,600円)

判型:四六並

ページ数:376

発刊日:2021/05/15

ISBN:978-4-286-22611-8

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1944年生まれ。千葉県市川市在住。京都大学経済学部卒業。
著書:『きみきみたらず』(新風舎)、『自信・徳・脱力を極めろ』(創英社)、『適応障害』(文芸社)

※この情報は、2021年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP