成田祇園祭々禮考

関根賢次 (せきねけんじ)

戦前の写真と新聞記事を交え祭りの内部からひもとく、
成田祇園祭の成り立ちと歴史。

祭りは日本の伝統文化の宝庫である──。著者は成田に生まれ、成田で育ち、祭りに参加し祭りを支え、成田の町を発展させてきた生粋の成田っ子である。彼の目から見た成田祇園祭は町の団結の象徴であり、町の発展の証でもあった。そんな彼が貴重な戦前の写真と新聞記事を交え祭りの内部からひもとく、成田祇園祭の成り立ちと歴史。民俗資料としても残しておきたい一冊。

定価:1,760円 (本体 1,600円)

判型:四六並

ページ数:372

発刊日:2021/07/14

ISBN:978-4-286-22620-0

ジャンル:芸術・芸能・スポーツ・サブカルチャー > 芸術・芸能 > 美術・芸術

著者プロフィール

昭和二五年 成田市花崎町に生まれる。
昭和四九年 早稲田大学卒。
同年成田市役所奉職。
現在、成田市副市長、花崎町祭礼委員会役員、花崎囃子連副会長、成田伝統芸能まつり実行委員長。

■著書
『成田祇園祭々禮考』(平成十三年六月発行)、『成田祇園祭々禮考弐』(平成十四年六月発行)、『成田祇園祭々禮考参』(平成十五年六月発行)、『成田祇園祭々禮考祭りの実際』(平成十六年六月発行)、『花崎町の山車』(平成十六年七月発行)

※この情報は、2021年7月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP