赤ちゃんは発達の土台を生まれて3ヵ月で育む

太平洋戦争で命を捧げられた人々の英霊に捧げる書

井上正信 (いのうえまさのぶ)

呼吸をみつめて60年。療育施設長が、
子育てに悩むすべてのお母さんに伝えたい育児論。

「オギャーオギャー」と泣き続ける赤ちゃんに困っている母親を勇気づける一冊。これは悲しくて泣いているのではなく、呼吸器官の機能が未熟で息苦しいための音声。呼吸援助抱っこをすれば、赤ちゃんは深く呼吸でき、たちまち落ち着く。同時に「アイコンタクト」が誘発されて、赤ちゃんは養育者を受け入れ、愛着の対象としていく。長年、子育て支援に尽力してきた著者による育児論。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:160

発刊日:2021/06/15

ISBN:978-4-286-22773-3

ジャンル:教育・実用・語学 > 教育 > 子育て

著者プロフィール

こども発達支援ホームいわしろ施設長。
1937年、鳥取県に生まれる。
1960年、静岡大学農学部卒業。
1961年、静岡大学農学部専攻科終了。
1961年、静岡県磐田市に磐田養鶏研究書を設立、鶏の品種改良に携わる。
1964年、同市に赤松言語療育園を設立、乳幼児の障害児教育に携わる。
1967年、佛教大学文学部社会福祉学科卒業。
2006年、赤松言語療育園を「こども発達支援ホームいわしろ」と改称し、現在に至る。
1964年以来、発達に問題を持つ子どもの教育および子育て相談に携わる。
主な資格は、柔道整復師(接骨)、調理師、あん摩マッサージ指圧師。

■著書
『自閉傾向は生まれて三ヵ月でわかる。』(2009年、静岡新聞社)、『ことばの発達は新生児期から始まる』(2012年、静岡新聞社)、『手は知恵を育む─乳幼児期の手の発達─』(2015、静岡新聞社)、『赤ちゃんの見つめる目 子育てで不安なお母さんに伝えたい「赤ちゃんの秘密」』(2017年、現代書林)

※この情報は、2021年6月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP