非軍事の日本を世界に展開する

戦後七十六年の平和・憲法九条+非武装中立

小林七生 (こばやしななお)

石橋湛山などの分析を基に、
民需主体経済のよる非軍事・世界平和を模索した意欲作。

「性善説」を退け、「世界は損得勘定、経済で動く」を論拠とし、石橋湛山などの分析を通して、軍需に頼る経済から民需主体経済への構造転換を促した労作。軍隊の不要を訴え、防衛省は防災省へ移行再編すべきと提唱。全方位で交易・通商する日本は、加えて非軍事で豊かな市民社会を目指せば、世界平和への基点となる可能性を有しているとする、ヒロシマ市民による世界への提言。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:新書並

ページ数:264

発刊日:2021/07/15

ISBN:978-4-286-22826-6

ジャンル:社会・ビジネス > 社会 > 政治・経済

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP