思秋期

あやのはじめ (あやのはじめ)

人生の折り返し地点を迎えた女の生き様や
切なさを謳い上げた4編の小説哀歌。

若い時は一人でも幸せだし、体温だって高いわ。老いたら体温も下がって、寂しくて、凍えてしまう……。思春期は燃えたぎる夏へ向かい、思秋期は凍りつく冬へ向かう。人の一生も、また四季である。肌を温め合い慈しみ合って生きる相手がいなければ、冬は生ききれないのかも知れない──。人生の折り返し地点を迎えた女の生き様や切なさを謳い上げた4編の小説哀歌。

定価:660円 (本体 600円)

判型:A6並

ページ数:180

発刊日:2021/10/15

ISBN:978-4-286-22996-6

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 恋愛

著者プロフィール

1946年、神奈川県秦野市に生まれる。
茅ヶ崎在住。
日本ペンクラブ、川崎作家クラブ、秦野文学同人会などに所属し、現在に至る。
20年余り、雑誌「風恋洞」に作品を発表。
著書に小説集『仮面家族』、『君と一緒に生きたかった』(叢文社)、『くさぐさの記』(文芸社)がある。

※この情報は、2021年10月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP