錦川黎明

石兼章 (いしかねあきら)

さまざまな人との出会いや夢や自立を求める姿を、
美しき岩国の風景とともに描いた小説。

どこに行こう──。客を取りながらも、決して媚びることなく生きてきた女・菊。さまざまな人との出会いや夢や自立を求める姿を、美しき岩国の風景とともに描いた小説。「『最初はどこに行けばいいかしら』『姉さんが決めればいい』菊は前方に広がる大きな島が、車夫に聞いた大島と知らされ目を凝らした。そして旅に出た期待と実感が強く湧くのを感じた」(本文より)

定価:1,650円 (本体 1,500円)

判型:四六上

ページ数:252

発刊日:2021/10/15

ISBN:978-4-286-23022-1

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

昭和19年(1944)、山口県に生まれる。
昭和39年(1964)、岩国商業高校卒業。同年、三井石油化学(現三井化学)に入社。2年後、千葉県へ転勤し、昭和48年(1973)退社。一旦故郷に帰る。
昭和51年(1976)、神奈川県に移住。詩人や画家志望の友人を得る。その後、不動産会社に勤めたり飲食店の手伝い等をしながら文学を志す。
平成18年(2006)、岩国市に戻り、同市「火山群」、山口市「文芸山口」の会員を経て、現在フリー。

■著書
『妖精の川』(2019年4月 文芸社刊)
『錦川残照』(2020年3月 文芸社刊)

※この情報は、2021年10月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP