船大工の娘

二つの島が一つになった

AmA夢草 (あまむそう)

龍の子島に流れ着いた富松ら、
個性豊かな登場人物たちが、島を一つにする感動物語。

南海には無数の島があった。その一つに周囲3キロの小さな島「龍の子島北」と「龍の子島南」があった。南と北との間に小さな海峡があり「龍の子島」は二つに分断されていた。海で遭難し龍の子島に流れ着いた富松、傷つき浜に打ち上げられた人魚、そして謎の双子の赤ん坊は後に成人して……。個性豊かな登場人物たちが、島を一つにするため奮闘する感動物語。

定価:1,210円 (本体 1,100円)

判型:A5横並

ページ数:36

発刊日:2021/10/15

ISBN:978-4-286-23040-5

ジャンル:童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本

著者プロフィール

1941年生まれ。
大手広告代理店にデザイナーとして勤務。
数々の広告を手がけ「福岡広告協会賞」などを受賞。

※この情報は、2021年10月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP