驟雨

白井郁 (しらいいく)

架空の東南アジアの国の少数民族少女の伝説を借りて描く、
現実と空想が入り混じった書。

「その額は名月のようで、体つきはキンチク(錦竹)のよう」(『アシマ叙喜詩』より)と謳われた少数民族ハニ族の少女アシマの伝説を借りて描く、現実と空想が入り混じった、異郷のイメージと放浪する魂。翻訳を本業とする私が書き物のために、遥か大陸奥地に分け入って着いた架空の(ありもせぬ)国。私はそこで私自身の貌(かお)を見出した……。

定価:550円 (本体 500円)

判型:A6並

ページ数:96

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23223-2

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

湘南高校卒。
早稲田大学政経学部卒。
実務翻訳者。

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP