日本の逸話

高瀬こうちょう (たかせこうちょう)

奈良時代から明治時代まで、日本人なら知っておきたい、
ためになる240の逸話を収録!

「伴(ばん)大納言の応天門放火」「西行と頼朝の会見」「北条氏直の儚(はかな)い守り」「一休、仏道の虚偽を諷する」「織田信長とすね者座頭」「石田三成町人の義侠に感ず」「松尾芭蕉(ばしょう)、盗人を教化す」「藤原信子、綱吉を刺殺す」「伊藤博文、仮装会を始める」など、奈良時代から明治時代まで、日本人なら知っておきたい、ためになる240の逸話を収録!

定価:2,310円 (本体 2,100円)

判型:A5上

ページ数:496

発刊日:2022/05/15

ISBN:978-4-286-23230-0

ジャンル:歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)

著者プロフィール

昭和8年7月27日福岡県生まれ。
東京で住宅金融公庫他に20年勤務し、その後不動産鑑定事務所を福岡市に設立。
30年間不動産鑑定を行う一方、福岡地方裁判所の調停委員を14年務めた。
福岡市早良区在住。

■著書
『管見随想録』(2012年)

※この情報は、2022年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP