生き抜く力

兵法者武蔵外伝

中井勉 (なかいつとむ)

剣術家宮本武蔵が「剣禅一如」の境地へと至るまでの
経緯を描いた異色の剣豪伝。

佐々木小次郎との巌流島での決闘で有名な宮本武蔵は剣豪とも言われる剣術家であるが、兵法家であり芸術にも長け、生涯をかけて「生きる道」を模索した探求者でもあった。本書は、幼少期の理不尽な上意討ちを目にしたことから始まり、島原の乱の戦いへの参加した折に目にした悲惨な状況などを通じ、彼が「剣禅一如」の境地へと至るまでの経緯を描いた異色の剣豪伝である。

定価:748円 (本体 680円)

判型:A6並

ページ数:188

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23360-4

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

著者プロフィール

「水仙」で滋賀作家賞受賞(1996年)。
孫文生誕100周年記念論文入選(中華民国)。
神戸市ユネスコ協会会員(分科会にて「16世紀の外国人の見た信長はじめ日本人論」をテーマに講演)。
主な著書に、『橋立の壺は残った』(叢文社、2002年、滋賀県文学祭入賞作品)、『隠れキリシタン 佐々木小次郎』(叢文社、2003年)、『生きる 兵法者武蔵異聞』(シンプーブックス、2007年)がある。
1940年、神戸市生まれ。
兵庫農科大学(神戸大学農学部)卒業。
京都大学大学院法学研究科にて商法研究。
司法試験論文試験合格。

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP