こんな選挙でもまだあなたは棄権しますか

森下辰男 (もりしたたつお)

選挙制度の主体である選挙人と被選挙人に的を絞り考察した、
日本の選挙制度への改革案。

同じ高3生のA君には選挙権があって、誕生日が一日ちがうB君にないのは理不尽な差別で不条理? なぜ法を破って平気でいる政治家を排除する否認票がない? そんな素朴な疑問に対して固定観念を捨て、選挙制度の主体である選挙人(有権者)と被選挙人(政治家)に的を絞りながら常識を破った論法で憲法の条文を中心に考察し導かれた、日本の選挙制度に対する改革論。

定価:1,540円 (本体 1,400円)

判型:四六並

ページ数:216

発刊日:2022/03/15

ISBN:978-4-286-23478-6

ジャンル:社会・ビジネス > 社会 > 政治・経済

著者プロフィール

1935年 亰都東山のふもとに生まれ、早稲田大学第一法学部卒後は民間企業のサラリーマン生活を定年退職。
雑食人間は読書しながら音楽鑑賞でバロック期から各国の民族音楽に懐メロを愉しみ、休肝日なしでスピリッツを飲み自慢話は半世紀近く内科医や合成薬品とは無縁のことと輪島の段駄羅保存会で短詩型文芸のもじり句を捻って「居酒屋が 四五軒置きに/自己嫌悪機に酒を断つ」とウソを詠んで優勝し北國新聞社から賞をゲットしたこと。
政治嫌い・法律嫌いの天邪鬼は懐にまだいくつもの政策論や制度改革案のコロンブスの卵を温め中。

※この情報は、2022年3月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP