異常気象

氷河期がやってくる

白柳日出夫 (しろやなぎひでお)

絶望的な異常気象の下、
時空を超えて繰り広げられる人類存亡計画を描くSF小説。

西暦2500年、地球が氷河期を迎えようとしているなか、日本政府は、地球を遠く離れた星「第二地球」への人類移住計画を進めるために2基の探査船を発射した。しかし、乗員が辿りついたのは、2500年前の縄文時代の日本だった!? 回避不能な異常気象のもと、人類の存亡をかけた大計画が、過去と現在、時空を超えて繰り広げられるSF大作。

定価:1,540円 (本体 1,400円)

判型:四六並

ページ数:256

発刊日:2022/05/15

ISBN:978-4-286-23743-5

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > SF

著者プロフィール

1939年、大阪府生まれ。
奈良県立吉野工業高等学校建築学科卒業。

※この情報は、2022年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP