父親と息子

─家族の物語─

秋葉清明 (あきばきよあき)

ひたすら待つ、待ち続ける、そのことが希望──
親子三代、父と子の関係を真摯に綴った。

時々躁鬱の状態になったと母は言うが、趣味で昇華したのか、清には平凡な善人と思えた父。蒸気機関車の運転手として自負を持っていた父。だが振り返ると、自分の青春の彷徨いに、父はどれほど耐えたのか。息子とのコミュニケーションが断絶してから、清は父と自分の関係を改めてとらえる。息子への期待が果たされず苦しむ日々を包み隠さず綴った三代にわたる父子の物語。

定価:1,210円 (本体 1,100円)

判型:四六並

ページ数:152

発刊日:2022/08/15

ISBN:978-4-286-23802-9

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1951年、岡山県生まれ。
1975年、京都外国語大学ドイツ語学部ドイツ語学科(ドイツ文学)卒業。
1983年から約20年間、仕事やボランティア活動などで国内外で日本語教育に従事(東京、横浜、ドイツ、マレーシア、ウルグアイなど)。
1995年から約20年間、専業エンジニアリング会社でコーディネーターや宿舎管理等に従事。2017年からは誘導員や管理人や清掃人等のパートなど。
神奈川県横浜市在住。

※この情報は、2022年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP