見たことのない券

─国債と日本経済─

米田誠良 (よねだまさよし)

政府の借金のなかにお金を作れる日本銀行の分がある。
この分を引けばわが国は黒字だ。

この本は、金で苦しむ国民を救う! 多くの人が間違えていることがある。それは、日本経済は、赤字なんかじゃない! 政府の借金のなかに、お金を作れる日本銀行の分がある。この分を引けば、わが国は黒字、これが真実だ。著者が日々研究しているお金の仕組み。そこから分かったこととは。「令和4年の奇跡」「見たことのない券」の二編を収録。

定価:660円 (本体 600円)

判型:A6並

ページ数:112

発刊日:2022/08/15

ISBN:978-4-286-23830-2

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > 社会

著者プロフィール

昭和39年生まれ。奈良県出身。(男)
大学卒業後、公務員や民間企業の役員を経験するも、周囲のパワハラや違法行為強要、威力妨害に反対し、孤立状態となり、フリーター生活に……。
現在、人間ひとりひとりの権利の尊重や、世の中に回っている通貨(お金)の真実を訴える作家として、活動中。

※この情報は、2022年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP