戦前植民地だった台湾・韓国を訪ねて

──台湾・霧社事件と朝鮮半島──

野ア繁 (のざきしげる)

戦前日本の植民地だった台湾と韓国を訪ね、
日本が犯した「罪」を掘り起こした旅行記。

かつて日本はアジア各地に植民地を持ち、〈圧政〉を行っていた。その〈支配〉は現地人の反発を招き、数々の〈事件〉が発生。戦後半世紀以上を経て現地を訪れた著者が感じた、反省と陳謝の想いとは──。台湾の原住民が日本人を大量に虐殺した「霧社事件」を中心に、過去の〈悲劇〉を掘り起こす、台湾・韓国訪問記。今だからこそ知るべき、日本の犯した植民地での〈罪〉とは?

定価:1,430円 (本体 1,300円)

判型:四六並

ページ数:192

発刊日:2022/08/15

ISBN:978-4-286-23949-1

ジャンル:地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (海外)

著者プロフィール

昭和25年7月生まれ。
栃木県出身。
宇都宮大学教育学部卒。
日本大学通信教育部で高校教諭英語科の免許を取得。
栃木県において、主に芳賀郡内の小中学校に教諭として定年まで勤務。
定年後はTBC学園小山校にて英会話、英語、社会の講師として67歳まで勤務する。

※この情報は、2022年8月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP