HOME > News & Information > 【キャンペーン】「出版費用0円キャンペーン(2019.7.25-9.10募集分)」結果発表!!!
News & Information
【キャンペーン】「出版費用0円キャンペーン(2019.7.25-9.10募集分)」結果発表!!!

夏の盛りの出版費用0円キャンペーン、今回選ばれたのは……

まさに夏真っ盛りの7/25から9/10にかけて開催した出版費用0円キャンペーン。本キャンペーンからは、これまでもさまざまな作品が選ばれてきました「出版費用0円キャンペーン」出身の既刊一覧が、今回もなかなか秀逸な一作に出会うことができました!

渡辺 真由美氏
『 ロックンロールから聴く産業史 』

※刊行時はタイトルおよびペンネームが一部変更される場合がございます。

ロックンロール、英字にすればRock and Roll。この語はいまや完全に日本に馴染んでおり、Rock and Rollの「Rock」を見て「岩」を思い浮かべる方はいないでしょう。しかし金属ジャーナリストとして長らく仕事をしてきた渡辺さんは、まさしく字義どおりRockに鉄楔を打ち込むかのごとく、自身の鉱物資源や鉄鋼の豊富な知識とRock and Rollの関係性に着目し、大物ミュージシャンへのインタビューなどを経て、独自の視点でその関係性を詳らかにしたのです。

Rock and Rollはもともと日本に輸入された音楽の一ジャンルではありますが、多くの流行輸入品と同じく、その発祥の社会的背景〈ルーツ〉とは切り離された状態で日本の若者を虜にしてきました。けれど、ルーツをもたない音楽ジャンルなどあるはずなく、Rock and Rollを商業的な音楽評とは異なる切り口で語ってみれば、いうなれば日本の炭坑節のような、哀切なるRock and Rollの歴史にも辿りつくことができると本作は説いています。そして歴史を見れば未来も読めると。近年のRock and Rollの変遷と現在置かれている状況から、世界の産業の行く末を占うことにもチャレンジしています。

メイン画像

選考会のメンバーは基本的に昭和世代。ヒップホップもラップもいいけど、やっぱりロックを聴くと気持ちがあがるゼ――な世代ともいえ、今回の選考会はいつになく主観強めの論議が繰り広げられました。『ロックンロールから聴く産業史』の刊行は2020年春ごろの予定。お楽しみに!

お問い合わせは文芸社広報部まで
(お電話のみ上記営業日9:30〜18:30)

お電話 03-5369-3060
FAX 03-5369-3061
メール kouhou@bungeisha.co.jp
2019/09/27.UP
一覧に戻る ]