出版をお考えの方へ
文芸社のコンテスト
PUBLISHING


HOME > 出版をお考えの方へ > 文芸社のコンテスト > 第12回えほん大賞
文芸社のコンテスト

募集要項

応募規定
絵本部門
応募ジャンル…絵本作品

タテ・ヨコ不問。原画はカラーコピー(1ページ最大A3まで)をお送りください。パソコンでの制作物も可。
ストーリー部門
応募ジャンル…絵本ストーリー

手書き、ワープロ印字どちらも可。原稿枚数不問。
テーマや作風は問いません。どのような作品もご応募いただけます
お一人様1作品までとさせていただきます
必ずタイトルを明記してください
応募作品は自作未発表作品に限ります
個人の情報は、「文芸社出版文化振興基金」事務局(株式会社文芸社)に帰属し、応募者への連絡等に使用いたします。外部に提供する事は一切ありません。
選考基準及び選考過程に関するご質問・お問い合わせは一切ご遠慮願います。
大賞作品の出版権および二次利用権は(株)文芸社に帰属いたします。
原稿返却不可(原画の場合、コピーしたものをご応募ください)
未成年の方が応募される場合、「保護者のお名前・ご連絡先」を明記ください。
応募資格 不問
締め切り 2017年4月20日(木)(当日消印有効)
発  表 2017年6月下旬(入賞者) (株)文芸社HPにて発表
※落選者については、郵送にてご連絡いたします。
入賞作品に
ついて
大 賞…各部門1作品。賞金各50万円&書籍化(計2作品)
優秀賞…各部門2作品。賞金各10万円(計4作品)
特別賞…各部門1作品。賞金各5万円(計2作品)
入賞作品(大賞2作品)は、2017年12月に(株)文芸社より刊行される予定です。
 出版が決定した作品については、タイトル及び内容について、若干の修正をさせていただく可能性もあります。
ストーリー部門の大賞作品は、(株)文芸社が手配するイラストレーターによる絵を挿入して絵本化します。(内容によっては絵本ではなく物語として出版する場合もあります)
入賞作品以外でも本賞の主旨に合致し、出版が可能であると判断されたものにつきましては、(株)文芸社より別途書籍化(有料)のご案内を差し上げます。
選考委員 文芸社出版文化振興基金運営委員会
運営委員長
中曽根弘文
参議院議員 外務大臣、科学技術庁長官、文部大臣歴任
運営委員
安藤 哲也 ファザーリング・ジャパン代表/タイガーマスク基金代表
乙津 宜男 (株)紀伊國屋書店 元代表取締役社長
西東 桂子
教育ジャーナリスト/元朝日新聞社 月刊『幼稚園ママ』編集長
曾根 宏道 経済評論家/元(株)ダイヤモンド社取締役編集局長

応募方法

原稿応募の際には、必ず作品タイトル、応募部門、プロフィールをご明記の上、作品と共にお送りください。

●作品タイトル
●応募部門(えほん部門 OR ストーリー部門)
●プロフィール
○本名(ペンネーム使用の場合は併せてご記載ください)
○連絡先(住所、電話番号等) ○年齢 ○性別 ○職業 等
※未成年の方が応募される場合、「保護者のお名前・ご連絡先」を明記ください。

送付先住所

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-1
「文芸社出版文化振興基金」事務局
「第12回えほん大賞」係

プリンターをお持ちの方へ
応募シート作成フォームにて必要事項をご入力の上、プリントアウトして原稿とともにお送りください。

応募シート作成フォームに進む

送付先メールアドレス

info@bunkakikin.org

※添付可能なデータ容量は3MBまでとなっております。
事前にデータ容量をご確認くださいませ。

下記応募フォームよりご応募いただけます。
作品データを添付し、必要事項をご記入のうえ、送信してください。

応募フォームに進む

※応募フォームにて送信できる添付ファイルは5MBまでとなっております。事前にデータ容量をご確認くださいませ。

  • ■メール または 応募フォーム にて送ることが可能なデータ容量を超える場合には、郵送でお送りください。

    [オンラインストレージをご利用される場合は、以下の注意点をご確認ください]

    ●受付可能なオンラインストレージは filestrage・Gigafile便・宅ふぁいる便 のみとさせていただきます。

    ●データをアップロードし、メール本文あるいは送信フォーム内の「自由記入欄」にダウンロード可能なリンク先(URL)をご記載ください。

    ●「ストレージ上の保存期間がある」「パスワードが必要」といった注意事項がある場合には、リンク先(URL)と併せて記載ください。

  • ■応募原稿は返却いたしません。
    応募原稿(資料・写真・絵などを含む)はご返却いたしませんので、必要な場合はコピーをお送りください。
  • ■個人情報について
    個人情報は、当社から応募者への連絡等に使用いたします。外部に提供することは一切ありません。

応募される方へ 【よくあるお問い合わせ FAQ】

Q.手書きで応募したいと思うのですが、原稿用紙(画材)に決まりはありますか?

A.「えほん部門」「ストーリー部門」ともに、原稿用紙に決まりはありません。市販の原稿用紙に書いたもの、白紙やノートに書いたものなど、どのようなものでも受付けています。

Q.表紙をつけたり、製本したりする必要はありますか?

A.表紙の有無や、製本の状態(製本済または未製本)は問いません。原稿のみ、表紙付き、製本済、いずれの状態でもご応募いただけます。

Q.どれくらいの枚数で書けばいいのかわかりません。原稿枚数に目安はありますか?

A.原稿用紙の枚数に規定(制限)はありませんので、ご自由にお書きください。それでも、どれくらいの枚数で書けばいいかわからないという方は、例えば24頁程度の絵本を想定して、物語の起承転結を構成してみるのはいかがでしょうか。絵本の出来上がりをイメージすることで、作品を引き締める効果もあるかもしれません。

Q.「えほん部門」に応募したいのですが、絵と一緒にストーリーも必要ですか?

A.「えほん部門」では絵と文章(ストーリー)の両方を審査しておりますので、絵のみでなく、文章(ストーリー)もあわせた作品をお送りください。

Q.絵本のイラスト内に文章(ストーリーやセリフ)を入れたいのですが、文章の挿入方法に指定はありますか?

A.文章の挿入方法に指定はありません。絵に直接書き込む、トレーシングペーパー上に書き込む、絵と文章を別紙に分け対応番号を振る等、どのような方法でも構いません。

Q.「ストーリー部門」に応募したいのですが、小説のような形式でしか応募できませんか?

A.“絵本にしたい物語”であれば、小説形式でなくともご応募いただけます。(例えば、脚本形式の作品や詩作品なども可)

Q.イラストは自分が描き、文章は友人が書いた作品は応募できますか?

A.共著(製作者が複数)でもご応募いただけます。その場合は、代表者のお名前・ご連絡先を明記の上、全員分のプロフィール(年齢、性別、職業、連絡先 等)をご記入ください。

◆その他、ご不明な点がございましたら、以下お問い合わせ先までご連絡ください。

山びこくん

詳細はこちら

かめんやさん

詳細はこちら

あかずきんたろう

詳細はこちら

ねむりひつじのウルル

詳細はこちら

きみのおうちは

詳細はこちら

なくしものくじら

詳細はこちら

くらげのくうちゃん

詳細はこちら

公園戦隊ダレダーマン

詳細はこちら

のって、のって!

詳細はこちら

なこの夏

詳細はこちら

ファオとラビ

詳細はこちら

おじいちゃんのかけら

詳細はこちら

きみといっしょなら

詳細はこちら

よわむしカエル

詳細はこちら

カラーハンター

詳細はこちら

ぼくのあいす

詳細はこちら

ドリとオニクのおはなし

詳細はこちら

どろんこオバケのヒュードロン

詳細はこちら

かさをわすれたひ

詳細はこちら