文芸社文庫NEO『余命10年』原作特設サイト

文芸社文庫NEO史上最大のヒット作となっている『余命10年』(小坂流加・著)。
刊行以来、いくつもの映像化オファーを見送ってきた本作が、2022年3月4日、ついに映画となり全国の劇場で封切られます。
本サイトではその原作にフォーカスし『余命10年』がたたえる魅力に迫ります。

作品について

余命10年

初版刊行から5年。2022年春、劇場映画としてファンの前に再登場する本作。
数々の涙、感動、祈り……、そのすべての原点はこの一冊から──。

死ぬ準備はできた。だからあとは精一杯生きてみるよ。 死ぬ準備はできた。だからあとは精一杯生きてみるよ。

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが……。刊行後またたく間に10万部を突破し、SNSを中心にさらなる感動の輪を広げた涙より切ないラブストーリー。
2017年に第6回静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞(実行委主催 静岡新聞社/共催 静岡放送)を受賞。

応援の声

PROFILE

けんご小説紹介クリエイター/小説家

1998年生まれ。2020年11月末からSNSを使った小説紹介を始め、一年間で30万人以上の総フォロワー数を獲得。紹介した作品が10万部以上の重版を記録したこともある。大学一年生の頃に『白夜行/東野圭吾 著』を読んだことから読書の魅力に気づいた。読書歴は5年。現在は紹介だけではなく、小説の執筆活動もしている。

「仮に、あと10年しか生きられないとしたらなにをしますか?」

これは、僕が動画で『余命10年』を紹介させていただいたときの最初の一言です。その動画のコメント欄がすごく印象的でした。「余命10年? それだけ長ければ、なんでもできるじゃないか」と言う人もいれば、「たった10年しかないから、好きなことをして生きる」と言う人も。この作品を読んで僕が思ったことは、「想像ができない」というものです。

本作を初めて読んだのは、SNS活動を初めて間もない頃でした。類別をするならば、『余命10年』はライト文芸というレーベルに分けられると思います。僕はそれまで、ライト文芸を読んだことがほとんどなく、正直に話してしまうと、「SNSウケが良さそう」という軽い気持ちで読み始めました。当時の心境をもっと暴露してしまうなら、「また余命系の物語か」くらいだったと思います。しかし、読み進めていくうちに、他の作品とは異なる、妙な違和感を感じ始めたんです。

「この作品は、本当にフィクションなのだろうか?」

病により、主人公の高林茉莉が徐々に衰弱していくリアルな描写。10年と考えるのではなく、1日1日を噛み締めるように前向きに生きようとするものの、死への恐怖は消えずに、辛い日々を送る様子。そして、恋をしたとしても期限付きになってしまうため、想いを寄せる真部和人へ踏み出すことができない葛藤。「泣ける」という感想がかなり多い作品ですが、僕はそれ以上に「疑問」の方がずっと強かったです。読み終わってからも、ずっとモヤモヤしていました。どうしてこんなに現実味があるのだろう、と。そう思いながら、著者である小坂流加さんのことを調べてみました。その事実を知ったとき、ただの読者であるはずなのに、血の気が引いていくのがはっきりとわかったんです。これは本物の想いが込められた『魂の作品』だったのか──。誇張表現でもなんでもありません。本当に頭が真っ白になりましたね。

そして、少し時間が経ってからあることを思ったんです。
「SNS活動者として、この作品は多くの人に届けなければならない」
僕が手に取ったときの帯には「35万部突破!」と書かれており、すでに大ヒット作と言ってもおかしくありませんでした。それでも僕は、「この作品が少なくとも“35万人にしか”届いてないなんて、そんなのおかしい」と本気で思ったんです。
当時の僕の影響力はかなり小さく、フォロワーなど数字的にも乏しいものでした。いま考えると、ものすごいエゴですよね。偽善と呼ぶにも物足りないくらいだったと思います。結果的に、最初に紹介したときの反響は悲しいくらい小さなものだったんです。たかがSNS活動だろ、と思われるかもしれませんが、絶望するほど悔しかった記憶があります。それから僕は、『余命10年』を多くの人に届けるためにSNSで影響力を付ける努力をしました。作り話のように聞こえますよね。嘘偽りなく、全て本当です。そのくらい、僕にとっては大切でたまらない作品でした。こんなにも思い入れのある作品はなかなかありません。

初めて紹介した日から約2ヶ月。そろそろ胸を張って紹介してもいいかもしれないと思いながら、2021年2月21日に動画で2度目の紹介をさせていただきました。
紹介したときの言葉を全て文章にさせていただきます。

仮に、あと10年しか生きられないとしたらなにをしますか?
「余命10年」
先にお伝えしておきますが、この作品の著者 小坂流加さんは世を去られています。病状が悪化し、作品が文庫本として発売される3ヶ月前に逝去されました。この作品は主人公が難病により、10年の余命宣告をされ、命が途絶えるまで懸命に生きた様々な心情が事細かく描かれています。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、この作品はフィクションでありながら、著者 小坂流加さんの本物の想いが込められている『魂の小説』なんです。初めて読んだときはあまりの衝撃に頭が真っ白になりました。僕の人生観を大きく変えてくれたこの作品。皆さんにも知っていただきたいと心から思います。

紹介動画は多くの方に拡散され、たくさんの人が『余命10年』を手に取るきっかけになってくれたとお聞きしました。それから少し経って、なんと映画化も発表。ひとりで大騒ぎしていました。涙が出るほど嬉しかったです。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。個人的なことも含め、たくさん綴らせていただきました。それでも、全く足りないくらいです。結局のところ、「読んでほしい」「観てほしい」これしか言うことができません。

最後に映画を観た感想を一言だけ。

「物語に込められた想いは、多くの人の心に届いていますよ」

キラリ、みつけた!文芸社文庫NEO

まだ出会っていなかったけれど、ちゃんと、しっかり、面白い。わたしを変えてくれるのは、そんな作家たちだと思う。
自由な感性で創作した作品を、慣習にとらわれずに届けてくれる。
輝かしい未来と限りない可能性を感じさせる新しい書き手たちと人気イラストレーターが共鳴したとき、セカイはもっと、光り輝く。
NEO──それは、新しいこと。文芸社から、新しいエンタテインメントがうまれます。

文芸社文庫NEO作家への門はただひとつ!「文芸社文庫NEO小説大賞」へのエントリー。

この賞からいくつもの“未来”が飛び出しています!

第5回文芸社文庫NEO小説大賞

NEO──それは、新しいこと。
第5回文芸社文庫NEO小説大賞作品募集開始!
「輝かしい未来」と「限りない可能性」を感じさせる書き手の登場をお待ちしています。

2017年の文芸社文庫NEO創刊からの歩み

その当時、まだまったくの無名レーベルだった文芸社文庫NEO。そんな黎明期に名を連ねてくれた小坂流加さんによる『余命10年』は刊行後瞬く間に版を重ね、いまや文芸社の「看板」ともいえる作品となりました。SNS上で話題を広げロングセラーとなった本作は映画化も決定し、同じく小坂さんの遺稿を編集した第2作『生きてさえいれば』もまたベストセラー街道をひた走り、全国津々浦々に感動の輪を広げています。

この、いまもっとも勢いある小説レーベル「文芸社文庫NEO」を舞台に、新しい才能を発掘すべくスタートした文芸社文庫NEO小説大賞。歴代受賞作も着実に読者を獲得し小説市場での存在感を高めています。年に一度、11月より約4か月に渡り作品を募るこの小説大賞では、まだ出会っていなかったけれど、ちゃんと、しっかり、おもしろい──そんな“キラリ”と光る才能を求めています。大賞作品は、いまをときめく新鋭のイラストレーターによるイラストがカバーを飾り小説界デビュー。まさにいま旬を迎えようとするフレッシュな書き手と人気イラストレーターが共鳴したとき、セカイはもっと、光り輝くと信じて……。文芸社文庫NEO小説大賞には、小説を愛して止まない者たちのそんな願いが込められているのです。

これまでの文芸社文庫NEO小説大賞

文芸社文庫NEO小説大賞の過去の回は、いったいどのような結果となり、どのような作品が新作としてこのレーベルに名を連ねることになったのでしょう。
ご応募をお考えの方にとっては、歴代受賞作の講評や総評を振り返り、創作上のヒントを探すこともまた受賞に向けた一手となるかもしれません。
※刊行時に一部改題・改名されてリリースされているタイトルもございます。

第4回文芸社文庫NEO小説大賞

  • 笹井小夏は振り向かない
  • 大賞『笹井小夏は振り向かない』

    青田風(あおたかぜ)

    夢もない、やる気もない、進級すらアヤシイ高二の来夢。楽しいのは仲間と音楽をやっている時だけ。そんな彼に母親が連れてきた家庭教師は大学生の笹井小夏。奇抜なファッションに、突飛な言動、不思議ちゃんな小夏に振り回され反発する来夢だが、次第にその魅力に引き込まれていく。来夢と小夏、仲間達がそれぞれ一歩ずつ成長していく青春群像劇。(受賞時のタイトルは『ココロあるく』。)

    夢もやる気もない、進級すらアヤシイ高二の来夢。そんな彼に母親が連れてきた家庭教師は大学生の笹井小夏。奇抜なファッションに、突飛な言動、小夏に振り回され反発する来夢だが、次第にその魅力に引き込まれていく。来夢と小夏、仲間達が一歩ずつ成長していく青春群像劇。(受賞時のタイトルは『ココロあるく』。)

第3回文芸社文庫NEO小説大賞

  • 月曜日が、死んだ。
  • 大賞『月曜日が、死んだ。』

    新馬場新(しんばんばあらた)

    目覚しのアラームが鳴り、スマホの画面を確認した。そこに表示されていたのは「火曜日」の文字。おかしい、今日は月曜日のはず!! 飛び起きたナカガキがカレンダーを見ると、あるべきはずの曜日が消えていた。薄れていく月曜日の記憶、おかしな宗教団体、そして元カノの存在。死んでしまった月曜日の悲しみに気づき、元の世界を取り戻せるのか。

    目覚しのアラームが鳴り、スマホの画面を確認した。そこに表示されていたのは「火曜日」の文字。飛び起きたナカガキがカレンダーを見ると、あるべきはずの月曜日が消えていた。月曜日の悲しみに気づき、元の世界を取り戻せるのか。

第2回文芸社文庫NEO小説大賞

  • バタフライは笑わない
  • 大賞『バタフライは笑わない』

    北川ミチル(きたがわみちる)

    競泳選手として将来を有望視されていた夏子。高校生になったばかりのある日を境に彼女の生活は一変した。他人の視線に怯え、引きこもる日々。そんなある時、夏子は小学校の同級生・沙耶花と偶然再会する。以前とは違う生き生きとした沙耶花、その独特のペースに夏子は巻き込まれてしまう。実は沙耶花は…!? 少女の心が解き放たれる、真夏の三日間の物語。(受賞時のタイトルは『笑わないジャックナイフ』、筆名は井川一。)

    競泳選手として将来を有望視されていた夏子。高校生になったばかりのある日を境に彼女の生活は一変した。他人の視線に怯え、引きこもる日々。そんなある時、小学校の同級生・沙耶花と偶然再会し、その独特のペースに巻き込まれる夏子は……。(受賞時のタイトルは『笑わないジャックナイフ』、筆名は井川一。)

  • 若者たち
  • 特別賞『若者たち』

    玉木レイラ(たまきれいら)

    学生運動が盛んだった1973年、大学では講堂建設に反対する過激的集団「愛と平和」による活動が活発化していたが、僕はそれを尻目にアメリカン・シネマやフォークソングにのめりこんでいた。ある日、「愛と平和」のカリスマ的リーダーの呼びかけにより、講堂に立てこもった学生たちは、周囲を取り囲む警察と対峙する。僕はその様子を、ひそかに恋心を抱く同級生のサチコと見物する。学生運動の意味とは何だったのか。『いちご白書』の時代を、新たな感性が描き出す。

    学生運動が盛んだった1973年、大学では講堂建設に反対する過激的集団「愛と平和」による活動が活発化していた。それを尻目に、アメリカン・シネマやフォークソングにのめりこむ僕だったが──。

第1回文芸社文庫NEO小説大賞

  • あかね色の空に夢をみる
  • 大賞『あかね色の空に夢をみる』

    吉川結衣(よしかわゆい)

    同級生・宮里の突然の死を未だ受け入れられない茜は、彼女との思い出を繰り返し夢に見ていた。家族との問題に苦しみながらも、自分が変わってしまえば宮里を本当に失くしてしまいそうで、一歩を踏み出すことができずにいた。茜の葛藤を描いた青春小説。第1回文芸社文庫NEO小説大賞受賞作品『あかね色の空に君を想う』とその後の物語『思い出のハンバーグ』を併録。(受賞時のタイトルは『赤とんぼ』。)

    同級生・宮里の突然の死を未だ受け入れられない茜は、彼女との思い出を繰り返し夢に見ていた。家族との問題に苦しみながらも、自分が変わってしまえば宮里を本当に失くしてしまいそうで、一歩を踏み出すことができずにいた。茜の葛藤を描いた青春小説。(受賞時のタイトルは『赤とんぼ』。)

高校在学中に初代大賞に輝いた吉川結衣さんをはじめ歴代の受賞者が、それぞれのカバー制作を担う新進気鋭のイラストレーターたちとのコラボレーションで世に羽ばたいています。次にその座を射止めるのは、もしかしたらあなたなのかもしれません──。

PAGE TOP