HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
死霊術師とゾンビ少女のフツウ(?)の日常。
ほのぼのポストアポカリプスファンタジー。
【文庫NEO】終末世界はふたりきり

あまひらあすか
(あまひらあすか)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
704円 (本体 640円)
 判型
A6並
 ページ数
328
 発刊日
2020/09/15
 ISBN
978-4-286-21976-9
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > ファンタジー
人類が“ほぼ滅亡”してからX日。唯一生き残った人間・ネクロマンサーは、ゾンビのユメコと楽しく暮らしていた。食料はいくらでもあるし、電気ガス水道も魔法でなんとかなるし、図書館もレンタルDVD店も借り放題で、なかなか快適な毎日。でもちょっと困るのは…、世界はアンデッドであふれかえっているのです! 死霊術師とゾンビ少女の、ほのぼのポストアポカリプスファンタジー。
 著者プロフィール
奈良県出身、在住。
奈良県立奈良高等学校卒業後、某県立大学を卒業。
著書に『ハカセ、タイヘンです!』『ガラクとタビタ 凶手と魔女の逃避行』(いずれもオリオンブックスより電子出版)がある。
オンラインゲーム、スマホアプリなどのシナリオライターとして活動中。
ストーリー作成・監督から、ゲーム内データやテキスト作成、キャラクターデザインまで幅広く手がける。
現在はフロンティアワークス『グロリアスドライヴ』のシナリオディレクターを務めている。
趣味はTRPG。

カバーイラスト:sage


※この情報は、2020年9月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。