映画『余命10年』公開日は2022年3月4日(金)に決定! 茉莉と和人のふたりを優しく見守る家族・友人を演じた豪華キャストも発表!!!

2021年12月15日 メディア情報

文芸社文庫NEO版の『余命10年』校了後、2017年2月に逝去した著者の小坂流加さん。余命宣告を受け、自らの命が短いとわかっているなか書き上げたその作品には、生と死に対し真剣に向き合った小坂さんにしか書き得ない「想い」が込められています。

彼女のその想いが多くの人に届くかのように、『余命10年』は刊行後またたく間に10万部を突破。以降、感動の輪はSNSを中心にさらなる広がりを見せ、遺稿を編集してリリースした第2作『生きてさえいれば』と合わせて、小坂作品の総発行部数はついに累計70万部を突破しました。

春・夏・秋と、四季を通じて映画化に関する情報を順次お伝えしてまいりましたが、ついにこのたび本予告・本ポスター・主題歌が一挙に発表! あわせて茉莉と和人のふたりを優しく見守る家族・友人を演じた豪華キャストも発表されました!!!

公開日は2022年3月4日(金)に決定! 本予告映像も解禁されました!!!

映画『余命10年』制作関連情報

【原作】小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO / 2017年発行)
【監督】藤井道人『新聞記者』(第43回日本アカデミー賞6部門受賞)『ヤクザと家族 The Family』など
【脚本】岡田惠和『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』など / 渡邉真子『凜−りん−』など
【音楽・主題歌】RADWIMPS「うるうびと」(Muzinto Records / EMI)
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【コピーライト】©2022 映画「余命10年」製作委員会
【映画公式ツイッター】@yomei10movie #余命10年
【映画公式サイト】yomei10-movie.jp

掲載メディア様抜粋

ほか、多数のメディア様が取り上げてくださっています!

原作版 文芸社文庫NEO『余命10年』情報

小坂流加プロフィール

静岡県出身。第3回講談社ティーンズハート大賞で特別賞を受賞。『余命10年』で第6回静岡書店大賞 映像化したい文庫大賞受賞。『余命10年』の文庫化の編集が終わった直後、病状が悪化。刊行を待つことなく、2017年2月逝去。その後、ご家族により未発表作が発見され、2019年『生きてさえいれば』を刊行する。

イラストレーター紹介

『余命10年』カバーイラスト:loundraw
『生きてさえいれば』・『生きてさえいれば(50万部突破記念特別バージョン)』カバーイラスト:白身魚

今後も引きつづき文芸社Webサイトや各種公式SNSアカウントで映画関連情報をお伝えしてまいります。ぜひ皆様のウォッチリストに追加&SNSのフォローをお願いいたします。

■文芸社文庫NEO公式Twitterアカウントはこちら
https://twitter.com/BungeishaNEO

書籍紹介

  • 【文庫NEO】余命10年

    小坂流加

    発売日:2017/05/15

    620円+税

    ISBN:
    978-4-286-18492-0

  • 【文庫NEO】生きてさえいれば

    小坂流加

    発売日:2018/12/15

    620円+税

    ISBN:
    978-4-286-20200-6

本件に関するお問い合わせは
【文芸社広報部】まで

  • TEL :

    03-5369-3060

    (電話受付:平日10:00〜18:30)

  • FAX :

    03-5369-3061
    (24時間受付中)

  • Eメール :

    kouhou@bungeisha.co.jp

    (24時間受付中)

    ※クリックするとメールの新規作成画面が開きます。

こちらのコンテンツもおすすめです

お問い合わせ・資料請求など

文芸社および弊社サービスについてのご案内・お問い合わせはこちらからどうぞ。

PAGE TOP