【文庫】孤高の系譜

名将蜂須賀小六と剣豪宮本武蔵

伊吹昭 (いぶきしょう)

孤高を貫く名将達の恩愛を受けわが道をひた奔る
宮本武蔵ら三人の波瀾の半生を描く。

戦国乱世に孤高を貫き、志高く生きた蜂須賀小六正勝、黒田官兵衛、沢庵禅師たち。そして、彼らの恩愛に見守られながら、剣の心を極めつくす(宮本)武蔵、武門を捨て仏門に生きる真賢、闇の世界で死闘を繰り広げる仙四朗、三人の若者。若者たちは激しくぶつかり合い、競い、苦悩し、迷いながら、各々わが道をひた奔る。男たちの心の絆と波瀾の半生を描いた壮大な歴史小説。

定価:748円 (本体 680円)

判型:A6並

ページ数:352

発刊日:2011/12/15

ISBN:978-4-286-11417-0

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

著者プロフィール

1937年、兵庫県に生まれる。
37年間、8箇所のゴルフ場の役員を歴任。
その間、自然環境保全のNPOや、議会活動に携わる。
『孤高の系譜』(2002年小社刊)のほか、幕長戦の民百姓や最後の生野代官苦悩の姿を描いた『いろはにほへと』(神戸新聞総合出版センター刊)がある。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP