HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
定年後に待ち受けるさまざまな迷い。
「孤独」「愛への不安」など、老いを迎えうつ哲学!
【文庫】 定年と幸福
男の老後力
鷲田小彌太
(わしだこやた)


書籍を購入
 定価
670円 (本体 620円)
 判型
A6並
 ページ数
238
 発刊日
2012/10/15
 ISBN
978-4-286-13125-2
 ジャンル
教育・実用・語学 > 実用 > その他
<老人なのだ。人生のベテランなのだ。妻やポチが死んだから孤独だの、年金が十分でないから不安だなどとほざかないでほしいな、と思う。ほざく場合でも、短期間にして欲しい。私の周りの少し年上の女たちは、つれあいのいない人生を満喫している。対して男は実にだらしなく見える。かくいう私も妻がいなくなったらたちまち困る。でもここが踏ん張りどころである。>老いを迎えうつ哲学!
 著者プロフィール
1942年札幌生まれ。
1960年札幌南高卒
1966年大阪大学文学部(哲学科)卒
1972年同大学大学院博士課程満期退学。
三重短大(法経科)教授を経て、1983年札幌大学教授(哲学・倫理学)、2012年退職。
専攻は哲学・思想史。
書評、評論、人生論等、ジャンルをとわずに執筆する。
主著に『大学教授になる方法』『昭和の思想家67人』『漱石の仕事論』『欲望の哲学』『シンプルマインドのすすめ』『本はこう買え!こう読め!こう使え!』『人生の哲学』『現代思想』『佐伯泰英大研究』『坂本竜馬の野望』等々、200冊以上を数える。
近著に文芸社文庫『定年と読書』がある。


※この情報は、2012年10月時点のものです。

 マスコミ情報
  2014年07月31日  「おとなの流儀 vol.8」で紹介されました。
  2013年03月10日  「JAPANKART 4月号」で紹介されました。
  2012年12月24日  「週刊トラベルジャーナル 12/24・31合併号」で紹介されました。
  2012年12月13日  「読売新聞」で紹介されました。
  2012年12月01日  「日刊両毛新聞」で紹介されました。
書籍を購入