HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
25年のシベリアの重労働刑を逃れ、
故国に生還したドイツ人将校の体験を描いた実話小説。
【文庫】 我が足を信じて
極寒のシベリアを脱出、故国に生還した男の物語
著者:ヨーゼフ・マルティン・バウアー/訳者:平野純一
(よーぜふまるてぃんばうあー/ひらのじゅんいち)


書籍を購入
 定価
1,056円 (本体 960円)
 判型
A6並
 ページ数
496
 発刊日
2014/02/15
 ISBN
978-4-286-14207-4
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 翻訳
ドイツ人将校フォレルに25年間の重労働刑が下された。元ドイツ兵たちは貨車に詰め込まれシベリアへ。停車駅ごとに亡くなった仲間の死体を降ろし、たどり着いたソビエト領土最東端デジニョフ岬。鉛鉱山の労働は中毒を引き起こし死に至る。フォレルは逃亡を決意した。2001年制作の映画「9000マイルの約束」の原作。ドイツでベストセラーとなった実話小説で15ヶ国語に翻訳された。
 著者プロフィール
●ヨーゼフ・マルティン・バウアー(著)
1901年―1970年
ドイツ生まれの作家。
小説、短編、ラジオ脚本などで数多くの受賞作がある。

●平野純一(訳)
福岡県出身。鉄道会社勤務の後、電機会社勤務。


※この情報は、2014年2月時点のものです。

書籍を購入