【文庫】FBI美術捜査官

奪われた名画を追え

著者:ロバート・K.ウィットマン、ジョン・シフマン/訳者:土屋晃、匝瑳玲子 (ろばーとけいうぃっとまん/じょんしふまん/つちやあきら/そうされいこ)

美術界の闇を描いた衝撃作ついに文庫化。
歴史的至宝をめぐる闘いがはじまる!

美術品が巨額で取引されるようになって以来、世界規模で急増してきた美術品盗難事件。大規模、複雑化する凶行を阻止するために、巨大市場アメリカで美術盗難専門の捜査チームが結成された。レンブラント、フェルメール……、そして最後に待ち受ける伝説の未解決事件とは? 潜入捜査で巧みに犯人をおびき寄せ、歴史的至宝を奪還する、美術犯罪捜査に命を賭けた男たちの物語。

定価:1,078円 (本体 980円)

判型:A6並

ページ数:512

発刊日:2014/02/15

ISBN:978-4-286-14756-7

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 翻訳

著者プロフィール

●ロバート・K. ウィットマン(Robert K.Wittman)
FBI特別捜査官として20年のキャリアを持つ。
美術犯罪チームの創設に尽力し、同チームの幹部捜査官も務める。
米国代表として世界中で犯罪捜査を指揮するとともに、警察組織や美術館に、美術犯罪の捜査や盗難品の回収、美術品の警備に関する技術指導を行ってきた。
現在、国際美術警備保障会社、Robert Wittman Inc.代表取締役。


●ジョン・シフマン(John Shiffman)
フィラデルフィア・インクワイアラー紙記者。
弁護士資格を持ち、ホワイトハウス・フェロープログラムのアソシエイトディレクターも務めた。
2009年にはピューリッツアー賞最終候補になるなど、報道関係の賞を多数受賞している。


●土屋晃(つちや・あきら)
1959年、東京生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業。

■主な訳書
ディーヴァー『悪魔の涙』(文芸春秋)
『追撃の森』(文芸春秋)
ガルシア『レポメン』(新潮社)
『カサンドラの紳士養成講座』(ヴィレッジブックス)
テンプル『壊れた海辺』(武田ランダムハウスジャパン)
カッスラー『大追跡』(扶桑社)
など。


●匝瑳玲子(そうさ・れいこ)
青山学院大学文学部卒業。

■主な訳書
ウェアリング『七秒しか記憶がもたない男 脳損傷から奇跡の回復を遂げるまで』(武田ランダムハウスジャパン)
ニヴァーツ『ニーナの誓い』(二見書房)
ランズデール『ダークライン』(早川書房)
フェザー『死海文章の謎を解く』(講談社)
など。

※この情報は、2014年2月時点のものです。

メディア情報

  • 雑誌

    2016年06月06日

    「ダ・ヴィンチ 7月号」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP