HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
日本は最大の国難に見舞われた。
政府は武力行使を決断する。近未来軍事サスペンス。
【文庫】 日本イスラム大戦II
救出作戦2021
森詠
(もりえい)


書籍を購入
 定価
726円 (本体 660円)
 判型
A6並
 ページ数
292
 発刊日
2015/02/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-16061-0
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > SF
日本は未曾有の国難に見舞われていた。日本近海でのタンカー雷撃とカスピ海パイプラインの爆破で原油輸送が途絶。さらにイスラム過激派によってクルド共和国の国境付近で邦人が拉致され、モスクワでは日本大使館が爆破された。国家存亡の危機に政府はついに武力行使を決断する。自衛隊の対テロ特殊部隊特戦隊を人質救出作戦に派遣した。三機のオスプレイとともに急襲する陸自攻撃ヘリ・アパッチ改。そこに待ち受けるのは──。迫真の近未来軍事サスペンス!
 著者プロフィール
作家・中東問題研究家。
東京外国語大学(国際専修課程)卒。
ジャーナリストとして、中東アラブやアフリカを訪れパレスチナ問題や資源問題、レバノン内戦、イスラム革命、クルド問題などを取材して回った。
主なノンフィクションに『資源戦略』『石油帝国の陰謀』『中東の挑戦』など。
小説としては『日本封鎖』『燃える波濤』(日本冒険小説協会大賞)『日本朝鮮戦争』『日本中国戦争』など冒険小説、近未来シミュレーション小説がある。


※この情報は、2015年2月時点のものです。

 マスコミ情報
  2015年05月04日  「毎日新聞」で紹介されました。
書籍を購入