【文庫】うそうそどき

伊多波碧 (いたばみどり)

江戸の学問所の定員30名の寄宿
稽古人の一人に選ばれた倫太郎が摩訶不思議な体験とは。

文政5年、晩春。倫太郎は、江戸で御儒者になるべく勉学に励んでいた。越後長岡の名主の次男坊にうまれた倫太郎は、幼い頃から神童と噂され、江戸に住む御家人の家と養子縁組し、学問に専念するため、定員30名の寄宿稽古人として暮らしていた。3年に一度の学問吟味に、試験問題を盗もうとした塾生の結末は──表題作ほか6話からなる、寄宿稽古人の哀歓を描いた時代連作。

定価:748円 (本体 680円)

判型:A6並

ページ数:300

発刊日:2015/12/15

ISBN:978-4-286-17168-5

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 歴史

※本作品は当文庫のための書き下ろしです。

著者プロフィール

信州大学卒業。

■著書
『紫陽花寺』
『ささやき舟』
『恋桜』
など。

※この情報は、2015年12月時点のものです。

メディア情報

  • 新聞

    2016年01月30日

    「日刊両毛新聞」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP