【文庫】ピエタの時代 II 贖罪篇

江上剛 (えがみごう)

大手都銀の銀行員となったケンは、
バブルの最中、巨額金融詐欺事件に巻き込まれて行く。

日本がバブル経済に狂乱する時代、地上げで名を馳せる不動産会社社長のマサ、そのメインバンクの担当者で大手都銀の銀行員・ケン、そして業界誌記者のタクは、二度目の運命的な再会をする。マサに密かに負い目のあるケンは、やがて銀行を舞台にした未曾有の巨額金融詐欺事件を引き起こす。バブルに浮かれ、一転、崩壊後も金に翻弄される男たちの欲望をリアルに描いた傑作巨編!

定価:1,012円 (本体 920円)

判型:A6並

ページ数:472

発刊日:2016/04/15

ISBN:978-4-286-17509-6

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

※本書は2009年10月に角川書店より刊行された『腐敗連鎖 下』を改題し、加筆・修正しました。

著者プロフィール

1954年、兵庫県生まれ。
77年、早稲田大学政治経済学部卒業。
第一勧業(現みずほ)銀行に入行し、2003年の退行まで、梅田支店を皮切りに、本部企画・人事関係部門を経て、高田馬場、築地各支店長を務めた。
97年に発覚した第一勧銀の総会屋利益供与事件では、広報部次長として混乱収拾とコンプライアンス体制確立に尽力、映画化もされた高杉良の小説『呪縛 金融腐蝕列島II』のモデルとなる。
銀行在職中の2002年、『非情銀行』でデビュー、以後、金融界・ビジネス界を舞台にした小説を次々に発表、メディアへの出演も多い。

■著書
『起死回生』
『腐食の王国』
『円満退社』
『座礁』
『非情人事』
『不当買収』
『背徳経営』
『渇水都市』
『【文庫】 ピエタの時代 I 原罪篇』(文芸社、2016年)
など多数。

※この情報は、2016年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP