HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
表現の限界を常に広げ、
リアルな色鉛筆画で見る者を圧倒する林亮太の初画集。
Tokyo Sketch リアル色鉛筆画家・林亮太の世界
The World of Ryota Hayashi : Works, Real Colored Pencils
著者:林亮太/デザイン:木ノ下努
(はやしりょうた/きのしたつとむ)


書籍を購入
 定価
2,530円 (本体 2,300円)
 判型
B5並
 ページ数
128
 発刊日
2017/02/25
 ISBN
978-4-286-17898-1
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 画集
表現の限界を常に広げ、リアルな色鉛筆画で見る者を圧倒する林亮太の初画集。影と坂道、水・ガラス・金属、路地など林亮太のモチーフ毎に色鉛筆画を分類しています。鑑賞だけでなくこれから色鉛筆画を始めようと思っている人にも有益な一冊。
 著者プロフィール
早稲田大学第一文学部美術史専攻卒。
1995年よりグラフィックデザイナー/イラストレーターとして音楽業界・学校教育関係を中心に活動。
2009年より色鉛筆による制作活動を始める。

●銀座ミレージャギャラリー「2011年展」参加(2011年)
●RECTO VERSO GALLREY「Square Graphic Art exhibition Vol.7」展参加(2012年)
●銀座ミレージャギャラリー「2012年展」参加(2012年)
●代々木イタリアンレストラン「RUCOLA」にて初の個展ギャラリーコンサート開催
●RECTO VERSO GALLREY「Graphic Art exhibition 2013 響感グラフィックの表現者3」展参加(2013年)
●銀座ミレージャギャラリー「2013年展」参加(2013年)
●アメリカの色鉛筆専門誌「COLORED PENCIL Magazine」にピックアップアーティストとして特集される(2014年1月)
●第1回トーキョー・イロエンピツ・スタイル展 主催(2014年1月)
●銀座ミレージャギャラリー「2014年展」参加(2014年)
●第2回トーキョー・イロエンピツ・スタイル展 主催(2015年1月)
●RECTO VERSO GALLREY「Graphic Art exhibition<2015.March>」参加(2015年3月)
●マガジンランド社より初めての技法・作品集「林亮太の世界・技法と作品 スーパーリアル色鉛筆」発刊(2015年8月)
●名古屋セントラル画材アートギャラリーにて個展「林亮太 作品展」開催(2015年9月)
●RECTO VERSO GALLREYにて個展「林亮太 作品展」開催(2015年11月)
●銀座ミレージャギャラリー「2015年展」参加(2015年)
●第3回トーキョー・イロエンピツ・スタイル展 主催(2016年1月)
●清瀬市市民ギャラリーにて個展「光と彩、陰に影(ひかりといろどり かげりにうつしえ)林亮太 作品展」開催(2016年2月)
●名古屋セントラル画材アートギャラリーにて個展「トーキョー・イロエンピツ・スタイル展 at NAGOYA」初開催(2016年4月)
●マール社より技法・作品集「林亮太の超リアル色鉛筆入門」発刊(2016年8月)
●名古屋セントラル画材アートギャラリーにて個展「林亮太 作品展」開催(2016年9月)
●NHK Eテレ「すイエんサー プロ直伝!めちゃウマぬり絵〜色鉛筆編1・2」にアドバイザーとして出演(2016年10月)
●マガジンランド社より技法・作品集「林亮太の世界・技法と作品 スーパーリアル色鉛筆2」発刊(2016年10月)
●RECTO VERSO GALLREYにて個展「色即是光 林亮太 作品展」開催(2016年11月)
●講談社より技法・作品集「色鉛筆リアル画 超入門」発刊(2016年12月)
●銀座ミレージャギャラリー「2016年展」参加(2016年12月)


※この情報は、2017年2月時点のものです。

 マスコミ情報
  2018年10月28日  「図書館教育ニュース No.1480」で紹介されました。
  2018年06月29日  「読売中高生新聞」で紹介されました。
  2017年06月01日  「マイタウンたにがわ」で紹介されました。
  2017年05月28日  「リビング鳴門 6月号」で紹介されました。
書籍を購入