HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
江戸市中を炎に包む連続放火犯。
一度死んで蘇った男、死神幻十郎が犯人を求め駆ける!
【文庫】 火罪 死神幻十郎

黒崎裕一郎
(くろさきゆういちろう)


書籍を購入
 定価
821円 (本体 760円)
 判型
A6並
 ページ数
336
 発刊日
2016/12/15
 ISBN
978-4-286-18221-6
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
江戸は三年に一度は大火が起こるという火災の多発都市である。文政七年も異常乾燥が続く中で、連続大火が起こり、火事で焼き出された避難民が西堀留川の橋から転落し多数の死傷者を出すまでにいたった。しかも正月明けの十日くらいから「赤馬が飛ぶ」という噂が駆けめぐり、付け火が噂された。一度死んだ男、死神幻十郎が、連続放火事件の渦中で、犯人を追う。
 著者プロフィール
1942年生まれ。
東京電機大学卒業後、テレビの世界に入り1975年脚本家デビュー。
必殺シリーズ、『ザ・ハングマン』などの脚本を手がける。
『享保異聞シリーズ』で小説家デビュー。
黄金期の時代小説の香りある作風で人気がある。


※この情報は、2016年12月時点のものです。

書籍を購入