太陽系時代の終わり

六角光汰 (むすみこうた)

2200年代太陽系人類は、
オーバーテクノロジーに未来の希望を託した……!!

「第1回草思社・文芸社W出版賞」文芸社金賞受賞作品。かつて太陽系に繁栄していた高度文明の遺跡から、慣性質量をコントロールすることが可能な機器(IMC)が発見される。人類の宇宙進出や移住の夢に向けIMCを実用化するべく、プロジェクトリーダーとなったフィリップはその実験中に大きな事故に巻き込まれる。人類はIMCを使いこなせるのか、フィリップたちは無事生還できるのか。やがて、隠されていた事実が明るみになる──!?

定価:1,540円 (本体 1,400円)

判型:四六並

ページ数:264

発刊日:2017/08/20

ISBN:978-4-286-18997-0

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > SF

著者プロフィール

1963年生まれ、東京都出身。
出版社勤務などを経てフリーに。
→ツイッタ―「六角光汰」で検索!

※この情報は、2017年8月時点のものです。

メディア情報

  • 専門誌(紙)

    2018年04月05日

    「月刊星ナビ 5月号」で紹介されました。

  • 雑誌

    2017年08月26日

    「男の隠れ家」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP