HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
理学療法士が長年の臨床経験をもとに
独自のリハビリ法であるTACO法の手技を紹介。
“患者様の機能にPlateauはない” TACO法ハンドブック
8つのTIPsとKey point of control
近藤喜彦
(こんどうよしひこ)


書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
A5並
 ページ数
276
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20806-0
 ジャンル
医学・健康・看護・闘病 > 医学・健康 > 医学
超高齢化社会の今、高まるリハビリ需要への対応は、患者本人はもちろん、その家族にとっても、喫緊の課題である。本書は、理学療法士である著者が38年の臨床経験を通して体得した「機能は形を変える治療によって必ず変わる」という経験からつくり上げた手技の指南書である。「患者様にplateau(不変の意)はない」という理念を、具体的な実践例を通して証明した一冊。
 著者プロフィール
1953年生まれ。
長野県出身。

学歴:
東洋鍼灸専門学校
社会医学技術学院
立教大学大学院・異文化コミュニケーション言語学研究科卒業

職歴:
慈誠会グループにて理学療法士として38年間臨床に従事。
現在、都内有料老人ホーム等にて理学療法士として臨床に従事中。

資格・研究・主宰機関:
東洋鍼灸専門学校を経て、あん摩マッサージ指圧師免許・鍼灸師の免許を取得、のちに多幸穴という独自のツボ療法を開発し、多幸法研究会を主宰。
社会医学技術学院を卒業、理学療法士国家資格を獲得し、6000人の臨床を行う。
立教大学大学院在学中から現在まで「言葉の力」を研究中。
多幸法研究、理学療法士としての臨床経験、「言葉の力」研究の集大成としてTACO法の出版に至る。


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入