HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
「出来ないと悩むより、出来るかも知れない、と思った方が楽しいだろ」
精神満載の随筆
やれば出来る……かも知れない

矢野武久
(やのたけひさ)


書籍を購入
 定価
1,210円 (本体 1,100円)
 判型
四六並
 ページ数
160
 発刊日
2020/05/15
 ISBN
978-4-286-21452-8
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
人間何事もやってみるとなかなか出来ないけど、結構いい線まで行くよ。【河童の心得】一、何かを思うことから、物事は始まる。二、ごめんなさいを素直に、ありがとうを心から。三、知らないことは知らないと、言えば良い。ただし後で調べる。四、殻は自分で作り、そうして破るものだ。五、君も間違いなく持つ自分の中に眠っている能力を信じて、新しいことに挑戦しよう!
 著者プロフィール
1939年生まれ。
大分県速見郡日出町出身。
別府湾岸の温暖な気候の城下町。
熊本大学工学部機械工学科卒。
(株)コマツで建設機械開発設計に従事。
その後、関連会社および日本濾過器(株)への出向を経て、(株)日刊新民報社論説委員を務める。
趣味は読書。
歴史、推理、経済、戦記等ジャンルを問わず。
日本将棋連盟三段。

■著書
『トンボが翔んだ……福祉車誕生記』(近代文藝社)車椅子で乗車、手だけで運転できる福祉車の開発と人との出会いの記。
『河童になったビジネスマン、営業へ行く』(新風舎)機械設計一筋の筆者が未経験の営業へ。世界が広がった面白さを記した。
『あなた・こなたのおかげで 今、生きている』(近代文藝社)技術者として定年退職後、論説委員として寄稿したエッセイ集。
楽しいウソは笑顔を創る』(文芸社)他愛のない嘘つきエピソードが満載。笑って、呆れて、楽しめるエッセイ。


※この情報は、2020年5月時点のものです。

 マスコミ情報
  2020年04月09日  「大分合同新聞」で紹介されました。
書籍を購入