子どもの悩み、家庭の悩み

ハブ機能としてのメンタルクリニック

竹内今日生 (たけうちひびき)

子どもの心の回復には家族を始め
周囲の協力が不可欠であることを知っていますか?

子どもの心の問題は、家族の影響下で生じているケースがほとんどです。子ども固有のものなどではなく、家族全員が直面しているひとつの「状況」であるというべきなのです。──子どものうつ、不登校、引きこもり、拒食症、自傷行為などに向き合うために、家族の協力・家族自体がよくなることの必要性、メンタルクリニックの利用の仕方などを綴る。

定価:1,430円 (本体 1,300円)

判型:四六並

ページ数:168

発刊日:2020/10/15

ISBN:978-4-286-21964-6

ジャンル:医学・健康・看護・闘病 > 医学・健康 > 医学

著者プロフィール

1974年3月22日生まれ。
東京都出身。
帝京大学医学部卒業。
全国的に臨床を重視した精神科として有名な福岡大学病院にて、思春期から老年期までの神経症性障害、ストレス関連疾患の臨床、研究、教育を行う。
福岡大学医学部精神科助教、同大学副病棟医長、他の精神科病院病棟長、精神科クリニック院長を経て、現在は医師9名、臨床心理士10名が在籍する医療法人社団ひびきメンタルクリニック理事長。
生物−心理−社会モデルに基づき、薬物療法のみでない患者さん中心の精神医学を実践。
学会発表等多数。
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本医師会認定産業医

■著書・共著
『解離性障害』(新興医学出版)
『米国精神医学会治療ガイドライン コンペンディアム』(医学書院)
『みんなのメンタルクリニック入門』(文芸社)他

※この情報は、2020年10月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP