九州・沖縄縦断 徒歩の旅絵日記

長坂清臣 (ながさかきよおみ)

小倉から長崎街道・薩摩街道を経て、鹿児島へ。
海を越えて沖縄本島をぶらりひとり旅。

日本橋から中山道、西国街道、山陽道、長崎街道、天草、薩摩街道、佐多街道、そして沖縄本島を長い時間をかけて歩きましたが、私なりに歩く旅の本質が分かってきました。日々の暮らしの中にも素晴らしいことは潜んでいます。それらを見つける感覚が歩く旅を通して身に付き、今後の人生の中で、退屈しない生き方のコツをつかんだ気がしています。

定価:1,870円 (本体 1,700円)

判型:A5並

ページ数:268

発刊日:2021/03/15

ISBN:978-4-286-22422-0

ジャンル:地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (国内)

著者プロフィール

1956年(昭和31)北海道歌志内市出身。
現在は埼玉県に在住。
建築の設備設計、現場監理の業務に携わる。
趣味として登山をしていたが、東海道を歩いたことをきっかけに街道歩きに興味を持つ。
その延長として日本縦断歩きをして2019年に達成。
資格:設備設計一級建築士 技術士(衛生工学部門)

■著書
『中山道六十九次 徒歩の旅絵日記』(2018年、文芸社)
『西国街道・山陽道 徒歩の旅絵日記』(2020年、文芸社)

※この情報は、2021年3月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP