雪の朝の約束

木澤千 (きさわせん)

幼かった私が亡き父とかわした約束の意味を知り、
それを果たすまでの57年間の物語。

「頼んだぞ、約束だ」目を見て頷いた。優しい目で父は、よしよしというように二度頷いた。一年経った祥月命日の頃には、私の生活は父が生きていた頃とほとんど変わらない毎日に戻っていた。しかし、時々はふっと思い出す。あの時、父は私に何を頼んだのだろうか、父と何を約束したのだろうか。葬儀の日に大人たちが私に言ったこととは違う、何か特別の大事な約束だったのではないかと。第3回人生十人十色大賞長編部門最優秀賞作品。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:88

発刊日:2021/04/15

ISBN:978-4-286-22486-2

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1949年9月11日生まれ、山口県出身。
会社勤務を経て、現在自営業。
九州文學同人。

※この情報は、2021年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP