般若心経への旅

─計算し尽くされた数の倫理─

峠二宝 (とうげじほう)

数の論理を多用することにより、
般若心経に吹き込まれた「いのち」を発見した解説書。

著者は奈良への峠越えのドライブで訪れた天川村の神社で、偶然にも般若心経の読誦を聞き、強い衝撃を受ける。その時脳裏に浮かんだ閃きから、般若心経の研究にのめり込み、ついに、「数の論理を多用することによって、般若心経に『いのち』を吹き込んだ、と思われる宝」を見出すことになる。独自の視点で、般若心経に隠された数の論理を解き明かした解説書。

定価:1,320円 (本体 1,200円)

判型:A5並

ページ数:120

発刊日:2021/04/15

ISBN:978-4-286-22530-2

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > その他

著者プロフィール

昭和19年、鹿児島県種子島生まれ。

※この情報は、2021年4月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP