「あの時」七十六歳を振り返って

濱谷みな (はまたにみな)

親子間の面会交流に尽力する著者が
自身の半生とライフワークについて語ったエッセイ。

親子間の面会交流に尽力している著者が自身の半生とライフワークについて語ったエッセイ。/離婚を考えるようになった時、夫婦がどうするかということよりも、子の気持ちを先に考えてほしい。「子を愛しているけれども、父母は一緒に生活はできなくなった。だけどいつでも会えるよ」と、父母二人で子の目を見て話してやってほしい。そうすれば子は納得するであろう。(本文より)

定価:1,210円 (本体 1,100円)

判型:四六上

ページ数:96

発刊日:2021/05/15

ISBN:978-4-286-22532-6

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > その他

著者プロフィール

1944年、大阪府生まれ。
関西学院大学社会学部福祉社会学専攻。
南海福祉専門学校(通信課程)卒。
保育士資格を有し、知的障害児通園施設、知的障害者通所授産施設の施設長、その他、ソーシャルワーカーとして務める。
家庭裁判所調停委員、参与委員。
現在は公益社団法人正会員。
平成26年春、藍綬褒章受章。

※この情報は、2021年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP