穴太頭と穴太衆

戸波亮 (となみりょう)

日本最初のゼネコンとも言える
屈指の技術者集団・穴太衆を率いた穴太頭・戸波家を辿る。

江戸城、熊本城、金沢城──日本の名城の城郭を築造し、日本最初のゼネコンとも言える、屈指の技術者集団・穴太衆。彼らを率いた穴太頭・戸波家を辿る。「開府から幕末まで、幕府穴太頭は戸波家が務めた。……この記録は、淨光寺に残されていた新発見の古文書、領地高畑村の穴太衆と江戸居住の穴太頭の通信記録『年中江戸状下書き』を中心にまとめたものである」(「はじめに」より)

定価:1,650円 (本体 1,500円)

判型:四六上

ページ数:290

発刊日:2021/05/15

増刷情報:2刷

ISBN:978-4-286-22579-1

ジャンル:歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)

著者プロフィール

1969年8月13日生まれ。
神奈川県出身。国士舘大学卒。
株式会社 十全社、The北海道ファーム株式会社(第9回米-1グランプリ準グランプリ受賞、他)、株式会社 米専門店やまぐち、株式会社スラタン、株式会社 花穂、Theファーム上総介株式会社を率いる株式会社 穴太ホールディングス代表。
千葉県在住。

※この情報は、2021年5月時点のものです。

メディア情報

  • 新聞

    2021年07月22日

    朝日新聞」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP