北国に雲は流れて

田仲道子 (たなかみちこ)

難病による指の切断など、多くのものを失いながらも
前向きに生きてきた半生を綴る。

私は1歳の時、指を1本失った──道子は結核性カリエスで物心つく前に指を失う。6歳で母を亡くすが、優しい父、6人の兄姉に見守られ、北海道の大自然の中、時には男の子と喧嘩もしながらのびのびと育った。しかし13歳でカリエスが再発、以後3年間、闘病生活を送る。友人との日々、家族。多くの喪失の中にも、生きる意味を見出そうとする姿を淡々と、時にユーモラスに綴った半生記。

定価:1,320円 (本体 1,200円)

判型:四六上

ページ数:140

発刊日:2021/06/15

ISBN:978-4-286-22671-2

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

昭和22年12月生まれ。
北海道出身・在住。
新聞販売店、税理士事務所、養鶏場、ハローワーク等に勤務。

※この情報は、2021年6月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP