晩鐘(ばんしょう)

棟近克成 (むねちかかつしげ)

一年経てばまた会えるよ。
小さな島の同級生の健吾と利子に待ち受ける運命を描いた小説。

一年経てばまた会えるよ。それまでの辛抱だからね。小さな島の高校の同級生であった健吾と利子。島を出て働き始めた健吾は、利子との約束を果たすべく懸命に日々を送っていた。そんなある日、健吾に1本の電話が──。一人前になるまではと、友人や、恋人の利子とも連絡を絶ち、懸命に働いていたのに、いったい何があったというのか。二人の思いがけない運命を描いた小説。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六上

ページ数:80

発刊日:2021/10/15

ISBN:978-4-286-22904-1

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > 恋愛

著者プロフィール

1947年(昭和22年)8月、兵庫県淡路島に棟近家の長男として生まれる。大阪の商業高校卒業後、商業関係の仕事に約4年従事。
1970年、22歳で大阪の住友金属工業株式会社(大阪製鋼所)に勤める。
1973年、大阪製鋼所から茨城県の住友金属鹿島製鉄所(後の新日鉄住金。今は社名を「日本製鉄株式会社」に変更)に転勤。
2007年、60歳で定年後、下請けの会社に2年間勤務。
2009年、62歳で退職。現在に至る。
小学生の時にマンガを描き始め、定年後、本格的にマンガ創作を行っている。
本作は初の小説作品となる。
千葉県在住。

■著書
『とんでるトミ子ちゃん』(2018年、文芸社)
『カカシの歌』(2019年、文芸社、筆名:菅谷健一)

※この情報は、2021年10月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP