十年十色

─ほぼ20年の区切りの中での出会い

杉原淳 (すぎはらすなお)

原子力(エネルギー)に関わってきた著者の半生と、
今の時代に伝えたいこと。

様々な立場で原子力(エネルギー)に関わってきた著者の半生を描く。出会った人やものにより次の人生の幕が開く、その繰り返しであった。大学・大学院でエネルギーとの関わりができ、原子力関係の会社で働いていたときに知り合った人に大学に誘われ、大学を定年退職した今も、エネルギー・環境問題に対し自分が出来ることを探っている。そんな著者の現代社会へのメッセージとは。

定価:550円 (本体 500円)

判型:A6並

ページ数:76

発刊日:2021/11/15

ISBN:978-4-286-23069-6

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

昭和16年生まれ。
昭和45年 大学院・工学研究科修了。
昭和45年 原子燃料製造会社に就職。
昭和64年 大学の材料工学科(エネルギー関連材料)に転属。
平成21年 定年退職。その後、エネルギ関係の国のプロジェクトに参加。水の研究を始めて、今も続ける。

※この情報は、2021年11月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP