北海道縦断 徒歩の旅絵日記

長坂清臣 (ながさかきよおみ)

日本最北端の宗谷岬から北海道最南端の白神岬を経て
松前町まで北の大地をぶらり一人旅。

歩く旅は基本的には単調なものです。どんなに素晴らしい景色に出会っても、5分後くらいには、旅とは何も関係のない日常の生活を思い浮かべたりしています。私の場合、少しでも長い時間を美しい景色や関心を持った対象と向き合っていたくて、上手でもないのにスケッチをしながら歩きました。これが長い年月をかけて旅をしてきた末に会得した、私なりの旅の集中力を高めるやり方です。

定価:1,870円 (本体 1,700円)

判型:A5並

ページ数:284

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23110-5

ジャンル:地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (国内)

著者プロフィール

1956年(昭和31)北海道歌志内市出身。
現在は埼玉県に在住。
建築の設備設計、現場監理の業務に携わる。
趣味として登山をしていたが、東海道を歩いたことをきっかけに街道歩きに興味を持つ。
その延長として日本縦断歩きをして2019年に達成。

■資格
設備設計一級建築士 技術士(衛生工学部門)

■著書
『中山道六十九次 徒歩の旅絵日記』(2018年 文芸社)
『西国街道・山陽道 徒歩の旅絵日記』(2020年 文芸社)
『九州・沖縄縦断 徒歩の旅絵日記』(2021年 文芸社)

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP