ペン一本、キャリア漂流記

一色真由美 (いっしきまゆみ)

混沌の時代から音楽〜映画〜出版〜教育の現場へ。
冒険と失敗そして成長の打ち明け話。

「もっと人生の深みや陰影を知りたいと思うなら、失うものの多くない今こそ、痛みを恐れずに自意識の垣根を取り払い、互いの人間性を解放し合いたい」「真に解放された人は、世の中で頻発するハラスメントとは無縁の境地に、独りで立っていられるのだ」仕事のシーンと変貌していく時代を活写しながら、次世代に贈る渾身のエール。「若者よ、そんな『いい人』にならないでほしい」

定価:1,760円 (本体 1,600円)

判型:四六並

ページ数:450

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23308-6

ジャンル:伝記・半生記 > 半生記

著者プロフィール

1948年10月3日、東京都杉並区に誕生。
1971年3月、青山学院大学文学部フランス文学科を卒業。
学部3年の1969年12月、早稲田大学総長杯(大隈杯)・全関東英語弁論大会で優勝する。
卒業後に株式会社キャニオン・レコードからワーナーパイオニア・コーポレーション・洋楽部宣伝課と渉外室を経て、1977年よりフリーランスで音楽専門誌、FM誌、英語誌、一般誌での、海外を含むインタビュー取材、記事執筆、翻訳。
アーティスト&ビジネス通訳などを経る。
渡米後の1984年6月より6年半、株式会社日本ヘラルド映画/ヘラルド・ポニーで国際担当。
同時期の5年間、ラジオ番組『百万人の英語』のパーソナリティとしてレギュラー出演する。
1990年以降、映画英語コラムを月刊誌The English Journal、週刊誌AERA(連載)・他へ寄稿。
1997年10月より2019年3月まで、専修大学にて非常勤講師を務める。
1998年4月以降は同・法学部、商学部、経済学部、文学部にて、主に映画を題材とした英語授業を担当、のちに教養科目の「映画」を講じる。

■著書・訳書
『アメリカ映画解体新書』(スクリーンプレイ出版)
『感動のスクリーン・イングリッシュ』Moving Movies(共著 南雲堂)
『語りあえる映画たち』Discussing Movies(共著 南雲堂)
『青春の映画ゼミ』Dramatic Cinema English(共著 南雲堂)
『ザ・ビートルズ・サウンドを創った男 〜耳こそはすべて〜』All You Need Is Ears(ジョージ・マーティン著 共訳 河出書房新社)
『ザ・フー』The Who(スティーヴ・クラーク著 Stardom Books)
『再び奇跡のランニング』Second Book of Running(ジェイムズ・F・フィックス著 共訳 CBS ソニー出版)他。

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP