自由訳 詩集 老子

いのちの詩 道への回帰

田中哲也 (たなかてつや)

「老子」を絶対無限の玄理(力)である道に言及した哲学詩集と捉え
自由に訳した書。

本書を書こうとした理由の一つは、「老子」を、宇宙、地球そして「いのち」を産んだ絶対無限の玄理(力)である「道(タオ)」に言及した哲学詩集と捉えて、日本人である私たちの感性と知性のルーツを辿りたいと考えたことにあります。「老子」にはすべての「いのち」がお互いに尊重し合いながら、この地球で生き続けていくにはどうしたらいいのか。それを考え直すヒントが多くあります。

定価:1,320円 (本体 1,200円)

判型:四六並

ページ数:176

発刊日:2022/01/15

ISBN:978-4-286-23310-9

ジャンル:詩集・俳句・短歌 > 詩集 > その他

著者プロフィール

昭和30年(1955)生。
兵庫県豊岡市日高町在住。

■著書
第一詩集『朝の影かげ』(平成4年、みるめ書房)
教育論文集『天の日槍の郷から振り返れば』(平成27年、私家版)
第二詩集『精霊の息吹』(平成29年、ブイツーソリューション)
『“学び”が地域を創る─ふつうの普通科高校の地域協働物語─』(共著、令和4年刊行予定、学事出版)

※この情報は、2022年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP